弁理士の活かし方における問題点と対応策

たまたま紹介を受けた弁理士にお願いし、使い勝手がよくないな、
何か違うなと思いながらも、そのまま継続してお願いしてしまう

 

発明者はとにかく自信があるので、徹底した先行調査より
さっさと申請することを好む場合が多く、弁理士もその意向に沿ってしまい、
先行調査が不足する

 

著名な特許事務所にお願いできることになったものの、
弁理士が多忙すぎて対応が遅い。

 

あるいは、該当領域に土地勘がないため、開発のコアメンバーが多大な時間を費やして
申請書の作成作業を行うことになる

 

知財戦略で評判の高い大手企業が活用している特許事務所を中心に探す

 

弁理士に何をやってもらうのか、どういう方針で臨むのかを明確にして、
弁理士および社内のエンジニア双方と合意する

 

特許を申請するプロセスに特化した事務所より、経営戦略・事業戦略を裏付ける
知財戦略をある程度高度な視点から相談できる事務所を探す

 

独立行政法人工業所有権情報・研修館は、「特許流通アドバイザー」を
自治体やTLO等に100名以上派遣し、企業やTLOにおける特許流通・技術移転活動を支援している。

 

無料なので積極的に活用する

 

【参考ページ】⇒脱毛 ミュゼ