特許出願上陥りやすい問題点と対応策

創業者や創業メンバーが優れた開発者・発明家で、
大企業で多くの特許を取得した経験がある場合には、

 

・その開発者の自信に溢れた発明をベースに、大量に特許出願してしまうことが多い

 

・大企業では自動的に法務部門が実行していた先行調査が手薄となり、
 結果として、多くの場合、「拒絶理由書」が送られてくる

 

・多大な時間と費用を投入して特許申請しても大半が無駄になってしまう

 

知財の権利化がベンチャーの命と考え、特許出願を重視しすぎてしまう。

 

その結果、集中すべき事業領域以外でも大量に特許出願してしまう

 

開発者主体のベンチャーが研究開発と特許出願に走り、事業化が手薄になる

 

経営方針と事業戦略に合致した知財戦略を明確にしておくことが大前提

 

先行調査の徹底

 

・どんなに素晴らしい発明だと自負していても、申請前に先行調査を念入りに実行する

 

・特許が出願されていない事、似ていても決して同じではない事を確認し、
 明細書中に先行調査の結果を記述する

 

・このプロセス抜きで特許が成立する確率はほとんどない

 

【参考ページ】